<保険外診療>

<AGA治療>(男性型脱毛症)

男性脱毛症は、何もせず放置すれば進行します。進行を抑えるためには、早期のケアが必要です。2005年12月に飲むタイプの新しい治療薬(フィナテリド)が発売されました。脱毛進行停止・改善の有効性が90%の方にみられています。抜け毛、薄毛が気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

プロペシア1mg、28錠(1か月分)、診察代込:9500円  (要TEL予約)

 

<子宮頚癌ワクチン>(ガーダシル・サーバリックス)

 日本では年間約15000人が子宮がんに罹患しており、約3500人が死亡しております。罹患率は、20~30代」で急増しています。子宮頸がん発症の主要な原因である発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンです。10歳以上が対象で、ガーダシルは、通常0、2、6ヶ月後、サーバリックスは、通常0、1、6ヶ月後の3回注射を行います。おもな副反応は、接種部位の数日間続く発赤と腫脹および感冒用症状です。

 なお、いわき市では中学1年生~高校1年生までに公費助成制度があります。(予防接種のページをご参照ください。)

 

接種料金 1回 (診察代込):15000円

 

<肺炎球菌ワクチン>(ニューモバックス)

 肺炎は日本の死因の4位で、死亡者の95%以上が65歳以上です。また、近年ペニシリン耐性肺炎球菌が

増加しています。肺炎の最も多い原因菌は肺炎球菌であり、インフルエンザシーズンにおいては55%が肺炎球菌による肺炎です。ニューモバックスは、肺炎球菌感染による肺炎を予防するワクチンです。健康な成人では、ワクチン接種により5年間の有効性が認められています。おもな副反応は接種部位の発赤、疼痛、腫脹です。

 日本呼吸器学会では、①65歳以上の高齢者で、肺炎球菌ワクチンを受けていないか、受けたかどうかわからない人、②2~64歳で以下の慢性疾患やリスクを有する人、a)慢性心不全、b)慢性呼吸器疾患(COPDなど)、c)糖尿病、d)アルコール中毒、e)摘脾を受けた人、脾機能不全の人、f)養護老人ホームや長期療養施設などの居住者、g)易感染性患者、の接種が推奨されています。

 

接種料金 1回(診察代込):7500円

 

<エピペン>

保険治療が可能になりました。 

<お知らせ>

・11月3日は、休日夜間診療所で、14:00~18:00まで診療しています。

 

・インフルエンザが少しでてきました。胃腸炎が急速に増えています。気をつけましょう!

 

・国保特定健診、各種がん検診は、平成29年度は、平成30年1月31日までです。早めに受診しましょう。

 

・朝の早い時間に患者さんが集中し、大変待ち時間が長くなっておりご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

 

・ワクチン各種取り扱っております。詳細は電話でお問い合わせをお願いします。

 

 

 

 

 

 

<連携病院>